kaoriyogasmile

Text Size : A A A
そういえば、早朝のマイソールをお終いにし、マイソールの時間を9時から12時に変えたのいつだったでしょうか?日々に追われすっかり忘れてしまいました。

長男が1学期のゴールデンウィークを過ぎた頃から、明るい不登校になりました。

その長男の進級が決まりました。娘も明日卒業です。

ご心配をおかけした皆様、支えてくださって、本当にありがとうございました。



息子が不登校になり、これはまずい!と、私のレギュラーだった早朝6時から9時のマイソールをやめました。

ちゃまさんの「ちゃまの部屋」に出演させて頂いた時もその話になりましたが、
 (Click!) 

「息子さんに何を言ってあげましたか?」とちゃまさんにきかれましたが、話が逸れてしまったので書いておきますが、

とくにしつこく言ったのは、

「人間、早起きすると人生得するよ!」
「早起きは訓練だよ。(ちなみに私は超低血圧です)」
「お日様に当たらないともったいないよ」
「外を見ないと何も生み出せないよ」

です。

「何もすることがないんだったら家でダラダラせず次にすることを机に座って考えて来な」

と家を無理やり追い出した日もありました。毎日毎日あれやこれや言ったりやったりしました。

お使いごとを指示し、友人宅に酵素玄米を届けさせたり、家事をさせたり、とにかく毎日役割を与えました。

役割がないと思い込んでる人もいるけど、見つければたくさんあります。

生きること。それだけでも役割を持っている。

優しい素直ないい子です。どれもきちんとやる姿にはホッとしました。

とにかく、「ひとつが続かないんだったら、他を何やっても続かないよ!」と何回も言いました。

たくさん話をしましたあげたらキリがないのですが、そのひとつに予備校に行ってる彼は学校の授業がつまらなすぎたり、先生がテキトーだそうで、そんなにつまらないんだったら学校を辞めてもいいかな〜とも、やめちゃえば〜?とも言いました。

「昔の先生と情熱が違う!」と、人一人が学校を辞めそうだというのに大した対応もない担任の先生にも私の方から発言させてもらったりもしました。


どれだけ私にとって4時から6時の練習が大切だったか。。。。

練習を終え、9時のマイソールの前に一仕事でした。

それでもなかなか2学期は重い腰は上がりませんでした。

夏にはカナダに行ったのもあり、いっその事家族でカナダに移住しちゃおうかな♫なんて楽しいことも考えてみたりしていましたが、

3学期はどうしちゃったのか?!学校にちゃんと行くようになり、2学期は相当危うかった2年進級も、3学期最後はすんなりと決まりました。

海外暮らしがなくなったのはちょっと残念でしたが、ひとまず「朝起き、行動する」という業を取り戻せて本当に良かったです。


とにかく息子とたくさん話をしました。

そしたら前より心の内をたくさん話してくれるようになりました。

彼のお父さんはもう天国です。
母一人になってしまった私にはどうやっても男にはなれないし、男の威厳を装えば、ただのヒステリーババアです。怖い怖い。。。。無理に男になろうとせず、私のまんまで諦めず接しました。


早朝のマイソールをやめたのでおのずとマイソールの練習生も激減しました。

でも、朝起きて、歯磨いて支度して、電車に乗ってマイソールにこれるだけで、実はもう十分元気な人なのです。マイソールの練習生の心配は全く要りません。

それよりも今の息子や娘の方が私は大切です。

私は幾人もの摂食障害の方や、どんなステージに至っても心が満たされない人をたくさん見てきました。

よくよく自分を観察したらかつての自分もそうでした。

前世のカルマやDNAもありますが、多くが小さい頃からの現家族(親や兄弟親族が居なかったら周りの大人)の関係性が原因です。

子供の未来は今が大切です。

大変な時に親が見放さず、自分の考えや価値観を子供に押し付けず、その子らしさに寄り添いながら自分でいるかかで心は満たされ、ちょっとやそっとの結果やカタチにとらわれない順応できる人になります。

早朝のマイソールをやめた決断は、確かとってもあっさりだったけど、今はさらに良い朝を迎えています。

みなさんのお陰様です。

ありがとうございます。
お正月から物書きさんのような生活が続いています。

それと同時進行で卒業対策委員会の仕事もしているのですが、通称卒対のみなさん。
お仕事のようにきちんとされてます。

何しろ仕事が早いのです。

お母さんはお仕事もあるし、家事もあるし、子供からの注文もいっぱいあるのに本当にすごいです。

次にいつやれるかわからないので、時間の隙間を見つけて早い段階で仕事をささっとやってしまわれます。

いつも見習いたいですが、わたしの場合、できる範囲で。


中には、「すみません子供が高校受験前でLINEに集中できません。。。」発表してくだされば話は早い!その方には「ぜひぜひお子さんのことに集中してください!」とお願いする。

やれる人で助け合う。

いい時間です。

わたしは主にお手紙作り。

今日はひとつ終了。

カジュアルでもあり、でもシリアスな時間。

お次は『ヨガ for ロータリアン』

ロータリークラブでの30分ヨガについてです。

基本的には肩こりや腰痛予防です。
簡単ですぐ効果のある動き方と呼吸法、そして瞑想です。

毎回水曜日なので、アンダーザライトの骨盤クラスの方には大変申し訳ないのですが、社会勉強をさせて頂いております。(次回は1/25水曜日)

日本や世界への奉仕活動を拝見させて頂き、感謝し、わたしができる事をいつもさせていただいてます。

ヨガの文は完全にシリアス。

まだまだだけど、万人の心身の健康を願い、そして感じている感覚を頭でイメージしやすいように真剣に伝えてます。

思っても無いようなびっくりした出来事が起きるというのは、そもそも思っても無いから湧き起こる感情です。

人が動き出し始めたおとといくらいからかな?

そんな出来事がどどどどどどっと入ってきた。

どなたかの意識がわたしに向いて、わたしの2017年のいつかを新年早々に予定してくださる。




いつまでだったか?

以前の自分はいろんなことに期待して生きていた。

インドマイソールに行かなくなったのもそういうのがなくなったからです。

そんなんだといつまでたっても自分を褒めることはできない。

認めることもできません。

自信ってなんだろう?なんて考えたりします。


第一、いまこの時点でそれじゃダメなんでしょう?


例えば第一シリーズじゃ事足らないのでしょう?

サーティファイド頂かないとスッキリしないのでしょう?


これではそればかり中心で生きるようになり、うちなんかですと周りがいい迷惑です。

ヨガに限って言えることではありませんが、自分もはっきりいって生きづらかったです。

それが以前のわたしです。


けれどもヨガと生きていると、周りのいろんな事に気づきはじめました。

ああ、わたしはMacbook airを目の前にしている!

でもそれってかなり幸せな事じゃないか?!と。

Macbook airがあることではなく、いろんなことを経験したおかげである成長し、進化した今がある。

目の前のことにただ集中して生きていると、いつの間にか音譜しかもっていないような、音の魔法使いのような素敵な人で溢れていることに気が付きます。




家でムスコの宿題を監視する年末年始です。

明日まで続きます。

前半は昨年の労をねぎらうようにゴロゴロしてすごし身体を休みたいだけ休ませて、今日はやる気にならなかった換気扇の掃除までする気になっていました。

重曹で簡単スッキリです☆

しっかり体を休めてから、去年の汚れを新年にゆっくりと過ごしながら落とす。

大人ってやる気だけで毎日が生きられる。

期日がなくてサイコー!と、未来を担う学生を前に複雑な心境だ。

学校教育を思う。
今日は1月4日ですが、28年度は終わっていません。

小学校、高校で、私は4つの肩書きがあります。

◉小学校6年のクラス委員 
学級委員みたいなもの。
やったことがある人はやらないくていいので、6年生ともなると経験したこともない、そして絶対にやりたくもない人たちが初回の懇談会で「さあどうしようか?!」ということになります。
みんながあまりにもやりたがらなかったので、ついつい「やります!」と言ってしまいました。

◉小学校6年の卒業対策委員会
6年の場合はクラス委員がやる。

◉小学校のPTAのお祭りの実行委員6年代表 
実行委員はこれで6年め。6年目と言う回数ばかりで決められた代表の地位。
決してデキる!人ではない。

◉高校のPTA
とりあえずその場に行って発言やら行動だけすればいいという副会長。

あと、終わりましたが、楽しい合唱の練習もありました。

単に私、どれもこれもやりすぎました。

各位、私が他のことをやっていることは当たり前ですが見えません。いろんなタイミングでメールやLINEがドサドサ入ってきて頭がおかしくなりそうにもなりましたが、どれも楽しく、泣けるほどお母さんたちがいい人で、私も無理せず皆さんについて行ってます。

今日は卒対(卒業対策委員の略)委員の仕事をやっているのですが、卒業記念品に記名するにあたり、エクセルで児童の名前のアルファベットローマ字入力をしたり、集金のお知らせのお手紙を作成してます。

記念品です。責任重大です。

めっちゃ集中してもう一度見直しです。

おっちょこちょいの私のことです。

4回目の見直しをしておきます。

息子に課題をさせ、ちょいちょいツッコミを入れながら息抜きブログ。