kaoriyogasmile

Text Size : A A A
そういえば、早朝のマイソールをお終いにし、マイソールの時間を9時から12時に変えたのいつだったでしょうか?日々に追われすっかり忘れてしまいました。

長男が1学期のゴールデンウィークを過ぎた頃から、明るい不登校になりました。

その長男の進級が決まりました。娘も明日卒業です。

ご心配をおかけした皆様、支えてくださって、本当にありがとうございました。



息子が不登校になり、これはまずい!と、私のレギュラーだった早朝6時から9時のマイソールをやめました。

ちゃまさんの「ちゃまの部屋」に出演させて頂いた時もその話になりましたが、
 (Click!) 

「息子さんに何を言ってあげましたか?」とちゃまさんにきかれましたが、話が逸れてしまったので書いておきますが、

とくにしつこく言ったのは、

「人間、早起きすると人生得するよ!」
「早起きは訓練だよ。(ちなみに私は超低血圧です)」
「お日様に当たらないともったいないよ」
「外を見ないと何も生み出せないよ」

です。

「何もすることがないんだったら家でダラダラせず次にすることを机に座って考えて来な」

と家を無理やり追い出した日もありました。毎日毎日あれやこれや言ったりやったりしました。

お使いごとを指示し、友人宅に酵素玄米を届けさせたり、家事をさせたり、とにかく毎日役割を与えました。

役割がないと思い込んでる人もいるけど、見つければたくさんあります。

生きること。それだけでも役割を持っている。

優しい素直ないい子です。どれもきちんとやる姿にはホッとしました。

とにかく、「ひとつが続かないんだったら、他を何やっても続かないよ!」と何回も言いました。

たくさん話をしましたあげたらキリがないのですが、そのひとつに予備校に行ってる彼は学校の授業がつまらなすぎたり、先生がテキトーだそうで、そんなにつまらないんだったら学校を辞めてもいいかな〜とも、やめちゃえば〜?とも言いました。

「昔の先生と情熱が違う!」と、人一人が学校を辞めそうだというのに大した対応もない担任の先生にも私の方から発言させてもらったりもしました。


どれだけ私にとって4時から6時の練習が大切だったか。。。。

練習を終え、9時のマイソールの前に一仕事でした。

それでもなかなか2学期は重い腰は上がりませんでした。

夏にはカナダに行ったのもあり、いっその事家族でカナダに移住しちゃおうかな♫なんて楽しいことも考えてみたりしていましたが、

3学期はどうしちゃったのか?!学校にちゃんと行くようになり、2学期は相当危うかった2年進級も、3学期最後はすんなりと決まりました。

海外暮らしがなくなったのはちょっと残念でしたが、ひとまず「朝起き、行動する」という業を取り戻せて本当に良かったです。


とにかく息子とたくさん話をしました。

そしたら前より心の内をたくさん話してくれるようになりました。

彼のお父さんはもう天国です。
母一人になってしまった私にはどうやっても男にはなれないし、男の威厳を装えば、ただのヒステリーババアです。怖い怖い。。。。無理に男になろうとせず、私のまんまで諦めず接しました。


早朝のマイソールをやめたのでおのずとマイソールの練習生も激減しました。

でも、朝起きて、歯磨いて支度して、電車に乗ってマイソールにこれるだけで、実はもう十分元気な人なのです。マイソールの練習生の心配は全く要りません。

それよりも今の息子や娘の方が私は大切です。

私は幾人もの摂食障害の方や、どんなステージに至っても心が満たされない人をたくさん見てきました。

よくよく自分を観察したらかつての自分もそうでした。

前世のカルマやDNAもありますが、多くが小さい頃からの現家族(親や兄弟親族が居なかったら周りの大人)の関係性が原因です。

子供の未来は今が大切です。

大変な時に親が見放さず、自分の考えや価値観を子供に押し付けず、その子らしさに寄り添いながら自分でいるかかで心は満たされ、ちょっとやそっとの結果やカタチにとらわれない順応できる人になります。

早朝のマイソールをやめた決断は、確かとってもあっさりだったけど、今はさらに良い朝を迎えています。

みなさんのお陰様です。

ありがとうございます。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする